動く観客と、動かない映画。

映画の邦題を決めるのは難しい仕事だと思う。センスがないなぁと思ってしまうタイトルはたくさんある。逆に、原語のニュアンスを不思議なくらい動かさずに邦題に持ち込んでいて、素晴らしいなと思うタイトルもたくさんある。
いまふと思い出したのが「最強のふたり」というフランスの映画。

www.youtube.com

原語の意味は知らないのだが、映画が見せるものと、タイトルが示すものが心地よく織り交ぜあっていて、良い邦題だなぁと思った。
小さい声でしか言わないけど、だいたい日本にこびりついている「つまらないもの」を考慮してしまった邦題というのは、つまらないものに見える。そういうのを飛び越えて、挑戦してくる邦題に胸がときめく。
つまらない邦題を目にしてしまうと、原題を見た時に反動で胸がドキッとする。
Wonder Womanという映画を、近くの映画館で見た。


Wonder Woman - Rise of the Warrior [Official Final Trailer] - Warner Bros. UK

これは、日本では酷く曲解されたうえで広告戦略が打たれている。だから私は、ポスターのデザインも、予告編も、コピーも、選曲も、字幕操作も、日本版のものは一切信用していない。どれかひとつでも信用してしまうと、それは「つまらないもの」になってしまうと思...うからだ。
何にも情報に触れることなく、私はアメリカにやってきて、Wonder Womanを見た。最初からその予定で、あえて。
映画そのものがどうなのかはまた別の話だけれども、本当にそうしてよかったなと思った。「映画は動いていないのに、観客が動かされるなんて滑稽よ。」
…なんとなく思ったことを表現したらシータのようになった。
しかし、本当にそうなのだ。
映画は動いていない。動かされているのは、いつも観客なのだ。それが悔しい。それが惜しい。私は動かされるもんかと思っていたから、自分からアメリカに行って、自分から映画に会いに行った。自分から動くしかないと思ったのだ。
映画は全く動いていなかった。ただそこにあった。