ファンタジーに殺されない。

「女の人は怖いねぇ」という話が、私は嫌いだ。大抵こういう話を聞くのはテレビ番組だ。女性出演者が何か本音や本心で思っていることを口にすると「怖いねぇ」、あるいは愛想よく振舞ったり非の打ち所がないとそれはそれで「怖いねぇ」。そういう話をしたがる人、そうでもない話を無理やり怖いねぇに結論付けようとする人たちのほうが、私は怖いのだ。おそらく、人々の間に、裏表のない純真無垢な女性像がつくられているのだとおもう。それが、第三者によって、日常的に女性たちに投影されている。その投影されたイメージに合わない、現実を生きる女性たちはみんな「怖いねぇ」と言われる。そんな気がする。それはもはや、ファンタジーだ。ファンタジーに女性たちが殺されている。

 

ハッピーエンドに殺されない

ハッピーエンドに殺されない

 

 


牧村朝子さんがつい先日出版した著書の名前が「ハッピーエンドに殺されない」だった、私も「ファンタジーに殺されない」というタイトルで本を出そうか。
とある番組で、はっきりとした口調で自分の意見を伝える女性俳優に対して、男性司会者が「あなた絶対ドSでしょ」「気強いなぁ」「怖いなぁ」とこぼすのを見て、本当にそうだろうかと私は頭をひねるしかなかった。別に怖くない。
なんか違うんだよなぁ!と心の中で思う。
どうしたもんじゃろうか!