読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛を剃るということ。

考える 読む 楽しむ

"武井咲の指毛に批判ぼーぼー。毛を剃らない女ってそんなに汚いですか?"
まぁストレートなタイトル。
私は、女の話に限定をするつもりはない。みんなのはなしだと思う。

体毛処理について凄く関心があって、去年それをテーマに論文を書いた。
人間がいそいそと体毛処理をする理由が知りたかったのだ。
リサーチをつくって、「処理してる女性・処理してない女性(あるいは男性)、どっちが好きですか」とか、たくさん質問をつくってアンケートをつくって、調べようと試みた。
本人が自由に回答できるよう、性的指向性自認の欄もほぼほぼお好きにどうぞ形式にしたら、あまりにもいろんなタイプの人がいて、データ解析しきれずに爆発した。反省。
個人の回答は秘匿にするべきだと思うので、ここでは多くを語らないが、あまりにも回答にばらつきが見られすぎたうえに、自由回答・記述回答からは、個人の感覚や趣向がむき出しに(垂れ流しに?)なっていて、私個人的にはとても楽しかったw みんないろいろあるんだなw

毛だらけの女性というのは、日本のメディア的には完全NGに近いのではないかと、私は推測している。だって、モデルさんや女優さん、歌手、タレントさんなどなど、メディアに姿を現すあらゆるひとは、みんな一寸の隙もなく、一本も余すことなく体毛処理して、つやつやすべすべが「当たり前」であるかのように演出しているから。
男性ファッション誌を読んでいると、毛むくじゃらのいかした格好したおじさんが、堂々と一面を飾っていたりする。あるいは、映画のポスターに、顔や腕に美しい毛並みをはやした主役の男性が、いかしたポージングでこちらを見つめていたりする。

彼らに毛が生えているかどうかなんて、どうでもいいのだ。そこにいるひとたちが、どうしてカッコいいのか、どうしてそんなに輝いているのか、それこそが重要なのだ。

mess-y.com