読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生英語はYoutube先生から学ぼう

勉強する 考える

世界仰天ニュース面白いですよね。世界中の文字通りの仰天ニュースを特集する番組です。それ以外にも、世界の果てまで行ってQとか、日本国外のニュースや珍事件を報道するいろんなテレビ番組が存在します。

しかし、英語学習の観点から、もったいないなぁと思うことがあります。

それは、英語音声を無駄にしているということ。

英語学習は基本的に生きた英語を習得することを目的にしている方が多いはず。誰かとコミュニケーションとったり。そのために必要なのは、まず英語音声に身体を慣らす作業です。

テレビ番組、何故か英語をぜーんぶ日本語に吹き替えてしまうんです。

www.youtube.com

これはサンプル映像。ザ!世界仰天ニュースの一話です。

やっぱり最初から最後まで、日本語吹き替えのさらに字幕付き。

視聴者の中には、音声ガイドや字幕補助が必要な人もいます。だから、これらの機能にケチつける気はないんです。でも、それらは必要な人が必要に応じて使えばいい機能のはず。これ、製作者側が「テレビを見る人は全員例外なく、字幕と吹き替えが両方必要に違いない」ということで編集しちゃってます。なので、字幕も吹き替えも解除することはできないわけです。それってどうなの...?

英語学習は運動学習と似たところがあります。基礎知識にプラスして、感覚で刻むってやつです。たぶん。

英語ならではの言い回し。Good Morning!って聞いて「よい朝ですね!」と頭の中で翻訳したらアウトなわけです。「おはよう!」でいいのです。

ということで、こういうテレビ番組を見ていると、そういう英語音声の微妙な「機嫌具合」のアンテナがまったく磨けません。もったいない。

そういえば、映画もそうですよね。海外作品は原則として吹替版か字幕版しか公開されません。吹き替えも字幕もつけない「生英語版」がほしいのにね。

www.youtube.comFantastic Beasts and Where to Find Them

これ見に行きたいけど、「生英語版」じゃないと嫌なので、DVDが出るまで待ちます。たぶん。

「じゃあ英語のアンテナ磨くにはどうしたらいいの?」

たぶん、ベストなのはYoutubeです。面白い動画たくさんあがってるから。英語学習するなら、とりあえず手元にある教科書や参考書はいったんふせて、Youtubeを観ましょう。基本は好きなものならなんでもあり。

カラオケでもオッケー。

www.youtube.com

カラオケって調べたらだめです。英語でkaraokeと打ちましょう。アーティスト名や曲名も一緒に打つとまず確実にヒットします。

情報検索は英語でやったほうが確かです。そしてよりたくさん面白いものが出てきます。

www.youtube.com

ちなみにこれは私のお気に入り。超有名アーティストSelena Gomezがドライブしながら超有名アーティストの曲を次々にカバーして楽しそうに歌う。ちなみに途中でマクドナルドにドライブスルーしてます。こんな有名なセレブリティーが超健康に悪いマックのポテトを美味しそうに食べてるところに感動した。たぶん広告費もらってますね。

www.youtube.com

バイリンガールのちかさん。すごい沢山動画をアップしていて、どれもこれもクオリティーが高くてしかも勉強になる。これは簡単な挨拶の返し方という動画です。ちかさんは日本語を基本使いますが、例文紹介では流暢な英語を喋るので、その瞬間はきっと耳のアンテナの訓練になります。

彼女の動画はどれもこれもおもしろいです。

www.youtube.com

これはニューヨークで撮影された動画。現地のにおいを感じます。そして現地で撮影しているだけあって英語めちゃくちゃ話してます。耳をそば立ててアンテナを磨くいい動画です!

生英語を勉強するなら、Youtubeの時代ですね。