読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「勉強科目」が消える日

考える

brightside.meフィンランドが「科目」というものを学校から排除しようと試みている記事です。

数学とか、歴史とか、地理とか、物理とか。もともと切り分ける必要のないものをめためたに切り裂いて今お皿に乗っている。それを私たちはナイフとフォークで味見して、少し食べてみて嫌いだなと思ってペッと吐き出してもう食べない人もいる。日本の場合はそういう「趣向」が理系/文系って、さも当然のようにカテゴライズされているから厄介です。これじゃあ好き嫌いも直らないよね。

第二次世界大戦、というテーマを設定したら、それに対してさまざまなアプローチを取る。たとえば、誰と誰が戦ったのかを知りたかったら歴史。どこで戦ったのかを調べたいなら地理。戦闘力について数値化するなら数学や物理。第二次世界大戦というテーマを紐解くには、これらすべてのアプローチが必要なはずで、さらに言うならいくらアプローチがあっても足りない。

そういうことをフィンランドはやろうとしているのだそうです。なんか面白そう。