読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

140字の修辞学(借り物)

Twitterをやってない。でも、人のTwitterを読むのは大変楽しい。

140字の修辞学という言葉を使ったのは内田樹。脳裏に焼き付いてしまったのだ。切れのあるいい単語だ。

Twitterを見ていると、まるで俳句だと思う。

誰でも好きに投稿できる

字数制限がある

言葉のリズムを創造する

ひねり文句を混ぜる

俳句と違うのは、写真やGIFを添付できること、そして誰かとシェアできること。

最近はポケモンネタが多い気がする。流行の最先端を捉えるのは、人々の何げないTwitterのつぶやき。