斬る

「女子アナ」という空気を清浄する。

「女子アナ」とは、民間テレビ局で働く女性アナウンサーのことをいう。結構前から、この「女子アナ」について考えることが多いので、今日はひたすら女子アナについて書き留めておこうとおもう。 そもそも、女子アナってなんなんだ。 女子アナ嫌いを大体的に…

守るため、楽しむために、アダルトコンテンツを考えよう。

「性の話は、わいせつではなく、たいせつなのです。」この言葉は、杉本彩さんからの受け売りだ。確か、杉本彩さんが文筆家の牧村朝子さんに、お2人の対談の中で発した言葉で、その言葉を、牧村さんがオンライン記事で紹介していたのだ。それを私は一度読んだ…

じぶんのことばを、解き放て。

私は授業中黙ってることが多いのですが、ちゃんと言葉が行き来する教室って、安心するなぁって思う。 教授が話を進めていて、学生に質問を投げかける。学生はきちんと文章の形ではきはきと応答する。それに対して、教授が曖昧な言い方だなと思ったことがあれ…

「差別」の向こう側にあるもの

差別をしないために、何ができるかを考えたとき、言動や行動を注意するというのは半分合理的で半分的外れだと思う。一番手っ取り早いのは、差別を生み出している土壌であり、それを容認し続ける社会構造のしくみを学ぶことだ。それによって、差別をしないた…

感情は、捨てない。

勉強を通して「感情を捨てる」という作業を徹底させられたような気がする。それと同時に獲得したたくさんのものもあるけど、いまそれらは全く記憶に残っていなくて、手元や頭の片隅には絶対こびり付いてるけど、意識することはできない。ただ私は、「感情を…

レンズの中のいびつな動物たち

動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか 作者: フランス・ドゥ・ヴァール,松沢哲郎,柴田裕之 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2017/08/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る これを見て思い出したことがある。 私が苦手なものをまた…

セクハラを塗り替えたい。

セクハラと言う代わりに性的侮辱と言うようにしている。セクハラという言葉が映し出す実体の重さと、その言葉が使われる文脈や、ぺらっぺらとした言葉の軽さ、その違いに、私はうんざりしているのだ。性的侮辱というのは自分で作った言葉なので、私以外につ…

ファンタジーに殺されない。

「女の人は怖いねぇ」という話が、私は嫌いだ。大抵こういう話を聞くのはテレビ番組だ。女性出演者が何か本音や本心で思っていることを口にすると「怖いねぇ」、あるいは愛想よく振舞ったり非の打ち所がないとそれはそれで「怖いねぇ」。そういう話をしたが…

痴漢という犯罪に向き合う。

すこし前にテレビ番組で「痴漢冤罪の防ぎ方」を特集していた。「あなたのお父さん、あるいは兄弟、あるいは息子さんが冤罪被害にあうかもしれません。これは皆さんにとって身近な話なのです」と始まり、電車の中で痴漢に間違われないためにはどうすればいい…

浮気/不倫とメディア報道

lineblog.me 私は西野さんのように汚い言葉を使うことはないけれど、西野さんの言わんとしていることにはおおむね同意する。 連日の不倫騒動が実に気持ちが悪い。 浮気と不倫の違いって何なのかな、と思って調べてみたところ、コトバンクの大辞林第三版には…

がま口を開ける

友人と議論するときは、専門用語を積極的に使う。お互いの関心分野が近い場合は、ほぼ専門用語だったり、込み入った概念を会話に織り込む。他者を排除してしまう側面はあるけれど、専門用語は意味や指し示すものが限定されているぶん、誤解を生むことが比較…

特権と人種とジェンダーと。

「特権を獲得している人は、往々にしてその事実に無自覚である。」 その具体例を紹介するときに、よくジェンダーと人種を同程度のファクターとして引き合いに出すんだけど、本当にこれらを対等な引き合いとして説明していいのだろうか、という疑問がいつも浮…

「男女共同参画社会」の罠

政治的に正しい言い方、「男女共同参画社会」。小学生のときにこの言葉を授業で習って、「なんでこんな小難しい言い方するんだろう、覚えにくい、苦しめるつもりか」と思ってた。最近読んだ本の中で、男女平等という言葉をどうしても使いたくない官僚の方々…